静岡県の防災対策や災害支援、防災士の育成

NPO法人 静岡県災害支援隊NPO法人 静岡県災害支援隊サイトマップサイトマップNPO法人 静岡県災害支援隊についてNPO法人 静岡県災害支援隊について

はじめての方はこちらから わたしたちの取り組み いつくるかわからない大災害 災害対策の第1歩
会員募集 サポーター会員 企業パートナーズ会員
地域で始める防災対策防災キャラバンリサイクルで地域防災袋井市シミュレーション防災トイレ義援金活動

提携の団体

ADRA JAPANCIVIC FORCE日本財団助成事業
〈事務局〉
〒437-1126 静岡県袋井市長溝55
私たちの取り組み
予想される震度
1週間は停電、1ヶ月は断水 被災地からの声
災害時の備えはできていますか?

震災時にはライフラインがすべて止まってしまいます。
電気、ガス、水道。
誰もが体験したことがない生活をしなければなりません。


例えば、夜の電気が必要な時かもしれません。震災が起き、電気をつけようとしても電気はつかないのです。懐中電灯の備えはしてありますか?


ガスが止まってしまえば火を起こすこともできません。また、震災によるガス漏れにより、火災などの2次災害も考えられます。


水やトイレ、救急セットの準備はできていますか?

例えば、インフルエンザ等の感染症の流行時には、マスクの需要が増加し、マスクが入手困難なケースがあるように、被災した場合にもこれらの防災ツールが入手困難になると考えられます。


これらの問題の中でも過去の被災地で1番の問題とされていたのがトイレです。
水が使えなければ使用後に流すことは出来ません。また、皆が使うことによって、トイレの汚れや衛生面が悪化し、トイレを我慢する人が増え、やがて病気になる例が多くみられます。
過去の被災地では、地域によって物資の援助が多い地域と少ない地域とで、援助が偏るケースも少なくなく、これらの水や食料、救急セットは必需品になります。

東海大震災がおきたら

静岡県全域で約3割、西部地域においては約5割の家屋は全壊すると予想されており、多くの住民が家を失います。
過去の被災地でも建物の中にいて、建物や家具などの下敷きになって多くの命が失われました。何もないうちから家具が飛ばないようにしておくことや、いざという時に逃げられる場所を作っておく必要があります。


●家庭では震災が起きた時の集合場所をきめていますか?
地震はいつ来るかわかりません。家族の皆が揃っている時に起きるとは限りません。


●各地域で、避難所が定められていますが、それらの避難所の規模に対して、どのくらいの人が避難できるでしょうか?
1度震災が起きれば、貴方の地域の住民が一斉に避難所に集まります。避難所はすぐに集まった住民でいっぱいとなり、避難所に入れる人、入れない人が出てきます。その避難所に誰が入れるのか、また誰がそれを決めるのかの問題も生じてきます。
避難所に集まる人は健常者だけではなく、介護が必要な方、身体に障害のある方、知能に障害のある方、外国人の方なども集まります。避難所では、いろんな人との共同生活です。


震災により心境にも変化が生じてくることもあります。
避難所生活はいつまで続くのか、これからどうすればいいのか、どうなっていくのかなどたくさんの不安要素が表れます。PTSD(震災による精神的後遺症)を患う人も少なくなく、心のケアの問題も軽視できません。
この問題に対しても、事前に震災に備えて準備不足と思われる物資を用意することやPTSDを知っておくという対策方法もあります。

COPYRIGHT(c)2009 All rights reserved.